日本百貨店
search

しょくひんかん通信

2021.07.21

夏は豆腐/「しょくひんかん通信」

ShareFollow us

しょくひんかん通信

ShareFollow us

とうとう梅雨が明けましたね。
夏には滅法弱く、どうも食欲が落ちてしまうスタッフKです。

こういう時何を食べるかというと、大体冷奴です。
木綿でも絹でも構いません。
とりあえず小鉢にあけたら、何か乗せます。

ネギとショウガ、
鰹節、しらす、
大葉、梅、ごま、
オクラ、ミョウガ、キムチ、納豆、
教えてもらって感動したのは揚げ玉、
タラコやイクラもいいですねぇ。
おかず味噌もいけるかな?
あ、トマトを刻んでオリーブオイル、とか?

お醤油は濃口にしようかだし醤油にしようか。
いや、ここはあえて塩でもいいかも。
ごま油なんてかけちゃおうか。

冷たくてほんのり甘い豆腐と、塩気のある具材の絡み合い。よく出来ています。
豆腐、うんま!!

豆腐の歴史を調べてみたところ、遣唐使の時代には中国から伝わってきていたものの、しばらくの間は贅沢品として中々庶民は口にすることができなかったのだとか。
江戸時代中期からようやく庶民も手に入れることができるようになり、『豆腐百珍』という豆腐限定のレシピ本まで出版されているそうでこれは面白い!
この中の「三四、やっこ豆腐」というのが冷奴とのことで、江戸時代から変わらない食べ方で食べているんだなあ、と考えると、何だか感慨深いものが。
やっぱり薬味は何にしようかと、考えながら支度をしたのでしょうか。
(もはや作り方すら書いていないほど一般的だったらしい。)

『豆腐百珍』三四 やっこ豆腐 /『日本古典籍データセット』(国文研等所蔵)

しょくひんかん内でも冷奴のお供、沢山ありそうです!
お醤油は濃口?薄口?ポン酢もいいな。
ご飯のお供を乗せても楽しそう!

冷奴ではないけれど、しょくひんかんではおもしろ豆腐もあります。
保存食にと燻製にした豆腐「燻り豆腐」(母袋工房・岐阜県)はチーズのような味わい。

ピーナッツから作られたもっちりあまーい「ジーマーミ豆腐」(しまとうふ・沖縄)はデザートとしてもおすすめです。

「ジーマーミ豆腐」(しまとうふ・沖縄)
「ジーマーミ豆腐」(しまとうふ・沖縄)

ということで、今年の夏も豆腐で乗り切ります。
皆様も夏バテには用心なさってくださいね。

以上、今週のしょくひんかん通信でした。

今回のヒャッカ

日本百貨店しょくひんかんのイチオシ商品やイベント情報などを、スタッフが定期的にお伝えしていくコーナー。 スタッフが自信を持って紹介するちょっとユニークな品々をご覧ください。

その他の特集